「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

紅茶やの便箋歌

kochaya.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

陶器市ヘゴーゴー!

すごく楽しそうな大人の遠足企画が!
今まで陶器市に行きたいけど行ったことのなかったみなさーん!
みんなでわいわいいかが?

私も益子に帰省中な予定なので現地でつよしくんとうたと、まってるよー。

以下、サカモトトモコさんのブログからコピペさせていただきましたー。

:::


3月11日の東日本地震では
福島や東北地方だけでなく、
『林檎の木』や『gris souris』で
いっぱいいっぱいお世話になっている
益子や笠間の作家さんのところでも
かなりの被害があるのです。

それでも、作家さんたちはみんなで力を合わせ
GWまでに作品をつくり陶器市を開催するそうです。

『林檎の木』&『gris souris』では微力ですが、
そんな作家さんたちの力になりたい!と思い
何か私たちでできることはないかと考えました。

そこで思いついたのが
「みんなで行く笠間&益子陶器市ツアー」。
笠間・益子の陶器市を
私たちが“ツアコン”となって
みなさんをご案内いたしますので
一緒に行きませんか?

震災にあった笠間&益子を盛りあげるために
みなさま、ぜひ、ご参加くださいませ!


『林檎の木』&『gris souris』の
みんなで行く笠間&益子陶器市ツアー

●日にち:2011年5月3日(火)
●費 用:3,000円 ぐらい(交通費)
●行き先:笠間陶炎祭(ひまつり)→益子陶器市

●集合場所:林檎の木   
●集合時間:午前6時



京成大久保で待ち合わせというのが
大変な方もいると思います。
その辺は臨機応変に。
どこかで待ち合わせるとか、
できる限り柔軟に考えていますので
『行きたい!参加したい!』という方は
ぜひ、連絡くださいませ。


例えば人数が集まれば、
稲毛チームとか
佐倉チームとか
出発地点をいろいろにしたり
というのも考え中。

そして、協力してくださる方も募集中!
6人以上乗れる車を持っていて、
車を出してくれる方も大募集します。

各店舗でご来店時に
直接お申し込みいただいても大丈夫です!

メールでのお申し込みも受付ております!

お申込みの際は、
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス

を記入してメールしてください。
その際、タイトルを
「笠間&益子ツアー」としてくださいね。


『ギャラリー林檎の木』 
習志野市本大久保3-8‐3地下2階
TEL&FAX:047-470-5880
OPEN:不定
MAIL:ringo@gallery-ringonoki.com
http://www.gallery-ringonoki.com/

手仕事のもの・くらしの日用品
『gris souris(グリ スーリ)』 
千葉市稲毛区稲毛台町12-12
TEL&FAX:043-239-7819   
OPEN:10:30-17:30
MAIL:info@gris-souris.net
http://gris-souris.net
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-31 13:37

きょうの うたぽ

d0136706_17453341.jpg

びぱののん。
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-24 17:45 | マイニチのこと

-

d0136706_2303225.jpg

6階の自宅に帰るのが怖かった地震の当日は、友達がお家に泊めてくれた。

沢山の友達が連絡をくれて、うたのおむつは足りてる?買い物はできてる?って心配してくれた。

自衛隊の友達は、被災地に一刻も早くいきたいのだけど、上からのGOサインがでなくていけないんだともどかしさを語っていた。

被害が少なかった都内の友達は、自分が働いているお店にあるお水やパスタを送ってくれた。

買い物に行ったらたまたまオムツが最後の一個になってたから!ってわざわざ買って届けてくれた。

イベントに参加した友達は売上を募金することを決めた。

大好きな作家さんの工房では大切な器がほとんど割れてしまった。

まだまだ続く余震にビクビク怯える私に少しでもリラックスできるようにと、友達がおいしいものや、本を送ってくれた。

19年に一度の大きくて明るい満月を色んな場所からそれぞれの思いで見つめた夜があった。

家の前の桜並木は蕾がふっくらしていた。

これが私の11日間。
テレビでみた11日間じゃなくて、私の11日間。

やっと書けた。
何度も書きたいことが纏まらなかった便箋歌。


ただただ、やさしい人の温度。

ありがとうー。
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-21 23:00

-

d0136706_15284896.jpg

必死で逃げました。
築30年ほどの11階だての6階。
ものすごい揺れでした。
うたを毛布にくるんで、となりのおじいちゃんと一緒に一段ずつゆっくり階段を降りました。

つよしくんはずっと連絡がとれなかったのだけど6時間かけて会社の車で帰ってきたよ。

大好きな器やグラスやティーポットは割れてしまったけど、大切なひとたちがみんなやその家族が怪我もなく無事だよってメールをくれて、涙があふれました。
よかった。
ほんとによかった。

生きているあいだに、こんなことが起こるなんて。
こんな時、祈ることしかできない自分は本当に無力。
テレビで見ていたら車で一時間の距離で爆発が起こり、津波が町を飲み込み、たくさんの方が被災されている…。

まだまだ余震が続くけど、一日でも早くいつもの穏やかな暮らしがもどってきますように。
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-12 15:28

大切なひとたちへ連絡

電話がつながらないのであらゆる方法で無事を報告。

大切なひとたちへ
めいもうたも無事です。
いま、友達のおうちにいます。

みんなもどうかどうか無事でありますように。

取り急ぎ連絡まで。

めい うた
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-11 21:11

まぼろしの初節句

d0136706_1747110.jpg


1月に産まれて、すぐにやってきた3月3日のひな祭り。
私の実家はうたが初孫なので、色々行事が楽しみらしく、私が産まれたときの七段飾りの雛壇をだしてくれました。
まだ、金平糖も菱餅も食べられないからとりあえず写真だけでもという流れだったのだけど、そこはまだまだ生後1ヶ月。空気なんて読まずにぐーーぐーぴーぴー寝てしまう・・・。

一瞬目が開いた所でシャッターチャンス!
あー、ブレた!
あー、うたが動いた!
あー、ひいばあちゃん目、つぶった!

と、まぁ大騒ぎ。
疲れました。

結局、記念になるような写真は一枚も撮れず、やっぱり初節句は来年てことにしよう、今年はなかったことに、なしなしーーー、ノーカウントですー、で、終了。
おいおい。

+++


ところで、初登場ですが、写真の人が噂の私のおばあちゃんです。
過去のどこかの日記でも数々の武勇伝は書いたような気がしますが、まぁ、あれです、夜でもサングラスかけてお出かけしちゃうおばあちゃんです。

御年83歳くらい?なおばあちゃん、まぁ、想像はしていましたが、うたが産まれてからのはりきりっぷりはそれはそれは・・・。

退院してタクシーで私が自宅につくなり、『ほれ、かせっ』と、うたを連れ去り、自分の部屋のコタツにうたのあごまですっぽり・・・。
ひじょうーーーに危険です。
何度、説明しようとも、母親になって5日ばかりのひよっこの意見など無視無視。
お風呂は自分が入れるとぶるぶる震える手で言い始めるし(さすがにそれは説得した)、寝不足でパジャマで髪もぼさぼさのままの私のことなどお構いなしに近所のお友達つれてきて
『めい、お隣さん来たから、ほら、うた見せて。ほら、だっこさせてやって。』と、ひ孫自慢。

もう、お手上げです。
そんなわけで、たった一週間の里帰りとなったわけでした。
おばあちゃんがそんなかんじなので、私の母は、逆に何も口はださず、でも『孫』というものに感慨深げ。孫パワーで、母も元気になってくれるといいなー。
暴走ひーばばにも見習ってもらいたいものです。


今年になって、私の周りでは赤子がぽこぽこ誕生。数えてみたら7人!
ここだけ、人口密度が濃い感じです。
[PR]
by aozorakissa | 2011-03-07 18:12 | マイニチのこと